シンボルマークと標語(スローガン)を制定

(公益社団法人)全国家庭電気製品公正取引協議会は平成26年7月17日に「会員企業が一般消費者に対して表示を正しく行う」という活動を象徴するシンボルマークと標語(スローガン)を制定しました。

● シンボルマークについて

メーカー、販売店、行政。それぞれの想い(3つの約束)を表すハートが三位一体となり、消費者に笑顔をお届けする。そんな家電公取協の存在を、シンボルマークに込めました。マークの中央は、消費者の笑顔とコンセントを表し、そのすぐそばにあるコンセントプラグは、消費者と家電業界と行政の3者をつなぐ絆を表しています。シンボルカラーは、濃いブルー。「冷静」な判断力、「誠実」な取り組み、「未来」への希望を表しています。

● お客様の笑顔につながる、3つの約束

「メーカー」、「販売店」、「行政」が三位一体となり、公正な競争環境と消費者が安心して商品を選べる環境をつくります。
「製造業表示規約」、「小売業表示規約」、「製品業景品規約」の運用を通じて、公正な競争環境と消費者が安心して商品を選べる環境をつくります。
「公正」な取引環境、国民生活の「安定」、家電業界の健全な「発展」の実現に取り組みます。